医王山 船宿寺

奈良県 御所市五百家



高野山真言宗 医王山(いおうざん) 船宿寺(せんしゅくじ)といいます。
風の森からバスで一つ後戻り、船路(ふなじ)下車すぐです。
花の美しいお寺として有名で、1千株のヒラドツツジ、キリシマツツジ、サツキの他、ボタン、山吹等の四季折々の花が境内に咲き乱れる。特にツツジが満開になる5月はじめはお薦め。葛城山や金剛山の山並を一望する風景とともに、俗世を忘れられるようです。
今から1200有余年前の神亀(じんき)年間に行基菩薩が夢で、船形の岩(寺号・船宿寺の由来)の上に 薬師如来を祀るよう告げられ開祖されました。現在その岩場には巌舟権現(いわふねごんげん)がまつられています。
山号の医王山は心と身の病をお救いくださる薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)のご利益を意味します。


ご朱印 境内 境内
ご朱印
葛城の道の中では朱印をいただける所が少ない。結局、ここと高鴨神社だけでした。
境内 境内

戻る高鴨神社  ホーム古道を歩く  葛城の道  次へ
印刷する人はプリンタボタンをクリック!
このページは2002年 5月18日に更新されました。
↑TOP↑