高鴨神社(たかかも)

奈良県 御所市鴨神1110



スタンプ
 葛城の道・歴史文化館のすぐ隣です。
 古代豪族の鴨一族の氏神社で、京都の上賀茂神社下鴨神社両社の元社にあたるという。老杉に囲まれて建つ檜皮葺の本殿(重文)は室町時代の建築。宮司が丹精して栽培した日本桜草は種類も多く有名。開花期は4月下旬から5月上旬。
 弥生中期、鴨族の一部はこの丘陵から大和平野の西南端今の御所市に移り、葛城川の岸辺に鴨都波神社をまつって水稲生活をはじめた。また東持田の地に移った一派も葛木御歳(かつらぎみとし)神社を中心に、同じく水稲耕作に入った。 それで、この高鴨神社を上鴨社、御歳神社を中鴨社、鴨都波神社を下鴨社と呼ぶようになった、ともに鴨一族の神社である。


鳥居 境内 本殿
鳥居から本殿方向 境内 本殿

サクラソウ 土鈴 サクラソウ
桜草 干支土鈴にも桜草が 桜草

ご朱印 バス停
ご朱印 風の森 バス停
この日も強い風が吹いていました。風の通り道になっているようです。昔は風の神様を祀るほこらがあったそうです。



戻る高天彦神社  ホーム古道を歩く  葛城の道  次へ船宿寺 
印刷する人はプリンタボタンをクリック!
このページは2002年 5月18日に更新されました。
↑TOP↑



風調庵 近くのお店です。