現・成務天皇陵 挟城盾列池後(さきノたたなみノいけじり)陵
佐紀石塚山古墳

The tomb of Emperor Seimu, the 13rd Emeror of Japan.
奈良県 奈良市山陵町


    Mapion

陵印
第13代成務(せいむ)天皇の陵。現・神功皇后陵より近鉄平城駅を挟んで向かい側に位置します。
 また、後円部北東にある3基の方墳が陪塚と考えられています。
第12代景行(けいこう)天皇の第4皇子で、名を稚足彦天皇(わかたらしひこのすめらみこと)と云い、日本書紀によれば、成務天皇の時、初めてそれぞれ地方の国県の区画を定めて、国、郡(こおり)、県(あがた)、邑(むら)のそれぞれに首長を置いたと伝えられています。

規模 単位:m
墳形全長後円部径後円部高前方部幅前方部高くびれ部幅くびれ部高年代
前方後円墳218.51321911116  古墳時代・前期





地図

地図、左が北側です。

陵印、これは昭和15年のもの
 
近鉄越し

神功皇后陵側より近鉄越しに

看板

宮内庁の作った看板(制札)
遥拝所

遥拝所
昔の写真

昭和初期の写真


 戻る第12代景行天皇陵  次へ第14代 仲哀天皇陵



index古道を歩く home佐紀路 back神功皇后陵 next日葉酢姫命陵
   天皇陵天皇陵


フレームの解除はプリンタボタンをクリック!  古墳アイコン  Home 

猫 このページは2007年 7月16日に更新されました。
↑TOP↑