玄賓庵 (げんぴあん)

奈良県 桜井市茅原


狭井神社から0.7km、徒歩約15分。平安時代の初期、玄賓僧都が隠棲していた庵。
以前は三輪山の域内にあったが、廃仏毀釈のあおりで現在の地に遷されたそうです 。



行程途中、2006年12月の冬景色。


玄賓庵が見えてきました。もう少し。


山門




本堂。


境内の不動像。


桧原神社へ向かう道標。




歌碑

古(いにしへ)の人の植(う)ゑけむ杉が枝(え)に霞たなびく春は来(き)ぬらし


作者:柿本人麿

「万葉集 大人の散歩道」の公式ページ


歌碑の解説
携帯があればバーコードを読み取ってみてください。情報サイトにつながります。


戻る狭井神社 ホーム古道を歩く  山の辺の道  次へ桧原神社
フレームの解除はプリンタボタンをクリック!
このページは2007年 1月 7日に更新されました。
↑TOP↑