高樋(たかひ)の「虚空蔵さん」弘仁寺

奈良県 奈良市


弘仁寺は弘仁5年(814年)、嵯峨天皇の勅願で空海を開山とし、空海自刻の虚空像菩薩を本尊として安置したのが起こり。男の子が十三になると「十三参り」と言って虚空蔵さんや、文殊さんにお参りするしきたりがあったが、この弘仁寺も古くから十三参りで知られ、二、四、六月の十三日には参拝客で賑わう。

 
本堂
昼なお暗き裏参道。
山の辺の道を北上する時は裏参道から表に抜ける。
本堂
重層のどっしりとした落ち着きを見せてくれる。
周りの刈り込みも手入れが行き届いており静かに時が流れていく。
御朱印

本堂 シャガ
十三参りの日 シャガ。奥の院への階段。 時計台。
錦の里、正暦寺への分かれ道。
壁紙の梵字は虚空蔵菩薩を表す「タラク」です。真言は 「ノウボ・アキャシャ・キャラバヤ・オン・アリキャ・マリボリ・ソワカ」
戻る白川ダム ホーム古道を歩く  山の辺の道  次へ崇道天皇八嶋陵
印刷する人はプリンタボタンをクリック!
このページは2002年4月14日に更新されました。
↑TOP↑