東乗鞍古墳・西乗鞍古墳

奈良県 天理市



夜都伎神社を過ぎて山の辺の道は右に曲がります。しかし、ここで左(西)に折れて少し寄り道をします。
東乗鞍古墳は山の辺の道はからすぐ左(西)に見えます。杣之内町に位置する全長75mの前方後円墳 で後円部には長さ9m程の横穴式石室があり、内部には家形石棺が残されています。主軸は東西に置き、後円部が東、前方部が西にあります。
西乗鞍古墳も杣之内町に所在し、東乗鞍古墳の北側の道を西方へ約200m。左手(南側)に見える全長128mの前方後円墳です。主軸は南北に置き、埋葬施設がある後円部が北、前方部が南にあります。

東乗鞍古墳 天理市杣之内町乗鞍、乙木町北山
規模 単位:m
墳形全長後円部径後円部高前方部幅前方部高くびれ部幅くびれ部高年代
前方後円墳7530103511  古墳時代後期
6世紀中葉


遠景

遠景
墳丘

ウメの向こうに
3月の風景
西乗鞍古墳 天理市杣之内町乗鞍
規模 単位:m
墳形全長後円部径後円部高前方部幅前方部高くびれ部幅くびれ部高年代
前方後円墳1287215.57816  古墳時代後期
6世紀前半


遠景

遠景。中央が後円部、左に前方部が延びる。
遠景

左奥には東乗鞍古墳が見える。


遠望

墳丘くびれ部辺りから天理市街を望む。

古墳に関心のある方はにも御訪問下さい。

戻る萱生(かよう)環濠集落 ホーム古道を歩く  山の辺の道  次へ石上神宮

フレームの解除はプリンタボタンをクリック!
このページは2008年 2月17日に更新されました。F
↑TOP↑