華厳宗・日輪山 新薬師寺

奈良県 奈良市高畑町

Mapion

新薬師寺は、寺伝によれば奈良時代、天平19年(747)に光明皇后が、第45代聖武天皇の眼病が治るように行基に建立させ、九間の仏堂に七仏薬師如来を安置したといわれています。かつては七堂伽藍が整った由緒ある大寺院でした。
新薬師寺は、土鈴ファンにとっては「伐折羅大将土鈴」で親しみがあるのですが、 華厳宗・日輪山と号し、実忠和尚が東大寺の別院にしました。
 ところで新薬師寺の「新」は「あたらしい」ではなく霊験「あらたかな」お薬師様という意味だそうです。
新薬師寺付近

新薬師寺付近
高畑
東門

東門
秋には紅葉が


 4月には新薬師寺で修二会が行われます。お松明(たいまつ)は東大寺二月堂の「お水取り」のものが有名ですが、ここは東大寺の別院ということで毎年10名の東大寺の僧が参加して奉仕され、11本の松明(たいまつ)も東大寺二月堂「お水取り」のお松明と同様に、京都田辺から奉納された大竹を用いて作られ、頭の部分は杉の葉や桧板(ひのきいた)で、当日の朝から雑司町(ぞうしちょう)の童子(どうじ)によって準備されます。


提灯

夜の山門
提灯の横に伐折羅大将の立て看が。
お松明

東大寺と同じお松明が火の熱さを感じる距離で目の前を通ります。
伐折羅大将

伐折羅大将
 


戻る白亳寺  ホーム古道を歩く   山の辺の道   次へ 
このページは2007年10月 6日に更新されました。
フレームの解除はプリンタボタンをクリック!
新薬師寺 公式HP
↑TOP↑