陵印

現・履中天皇陵 (ミサンザイ古墳)
百舌耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)、石津丘古墳(いしづおかこふん)、
百舌鳥陵山古墳(もずりょうやまこふん)

大阪府 堺市堺区石津ヶ丘


Mapion

石津ヶ丘にある前方部を南に向け、面積17万平米の日本で3番目の大きさの前方後円墳です。墳丘は3段築成で、西側のくびれ部には造出しがあります。
北側の田出井山古墳(現・反正天皇陵)大仙古墳(現・仁徳天皇陵)とともに百舌鳥耳原三陵と呼ばれ、現在はその三陵の南陵として宮内庁が管理しています。
履中天皇、別名伊邪本和気命(いざほわけのみこと)は在位期間 400年 2月 1日 〜 405年 3月15日 、 仁徳天皇と皇后・磐之媛命の長男で反正天皇、允恭天皇の兄。ただ、考古学的には現・履中天皇陵 (ミサンザイ古墳)は父の現・仁徳天皇陵(大仙古墳)より古く5世紀前半頃の築造、従って現在の比定は誤りということです。


規模 単位:m
墳形全長後円部径後円部高前方部幅前方部高くびれ部幅くびれ部高年代
前方後円墳36020518.623715.3  5世紀前半



周囲には陪塚と思われる七観音古墳、七観山古墳等があります。

前方部

正面。南面した前方部です。
 
古墳巡り

付近の地図。古墳巡りの
散歩コースになっています。
履中陵は左下に見えます。
old_photo

戦前の写真
 
前方部

前方部。古墳の南西端です。
後円部

後円部。大きくて全体像が見えません。
ryouin_s16.04.30

陵印
昭和16年4月

緑化センター

古墳の東北にある堺市の緑化センター
緑化センター

緑化センターの花
陵印

皇女(or皇孫)飯豊天皇 埴口丘陵
陵印 昭和17年2月


ホームHOME 大阪府の古墳  百舌鳥古墳群の古墳

天皇陵天皇陵   →第16代 仁徳天皇 →第18代 反正天皇 

フレームの解除はプリンタボタンをクリック!   古墳アイコン  Home 
このページは2009年 2月7日に更新されました。
↑TOP↑