ニサンザイ古墳 東百舌鳥陵墓参考地 土師ニサンザイ古墳

大阪府堺市百舌鳥西之町3丁


百舌鳥古墳群の東南端、前方部を西に向けた前方後円墳です。被葬者不明の陵墓参考地として宮内庁に管理されています。世界一の現・仁徳天皇陵現・履中天皇陵に続いて百舌鳥古墳群では3番目、全国でも8番目の大きさです。
また、百舌鳥古墳群の中では最初に築造された乳岡古墳(4世紀末)から約100年後に築かれた最も新しい頃の古墳とされています。
現在、第18代反正天皇の陵は田出井山古墳が当てられていますが江戸時代以前の伝承ではこの「にさんざい古墳」を反正天皇陵としていたそうです。
後円部くびれ前方部

北側から見たところ。左奥が後円部、右手前が前方部です。
この写真では判りませんが前方部を大きく広げ、整のった形をしています。



規模 単位:m
墳形全長後円部径後円部高前方部幅前方部高くびれ部幅くびれ部高年代
前方後円墳2901562422622.5110175世紀末



前方部 後円部
前方部、周遊路が工事中でした。 後円部


通路 濠
宮内庁の通路 濠 3月


ホームHOME  大阪府の古墳


フレームの解除はプリンタボタンをクリック!
猫 このページは2004年 3月 5日に更新されました。
↑TOP↑